平成28年度 霧島市立医師会医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 345 77 44 127 154 358 858 939 1137 290
当院は、消化器疾患、循環器疾患、整形疾患、脳神経疾患などを主として急性期医療を担う病院です。
平成28年4月より小児科診療を再開、同年10月より小児外科診療を開始し、より幅広い年齢層に診療を行えるようになり、地域医療に貢献できるよう医療を進めております。
平成27年度と比較すると小児科領域(15歳未満)と高齢化に伴う80代以上の患者様が増えております。年齢階級別の主な疾病構成では、10代は肺炎、気管支炎、虫垂炎、20代~30代は、胆石症、虫垂炎、大腸ポリープ40代~50代は大腸ポリープ、胆石症、慢性虚血性心疾患、癌(胃、肝、大腸)、60代以上では心不全、狭心症、大腿骨骨折、肝細胞癌となっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病_なし 18 11.83 12.43 44.44% 80.06
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置等2_4あり 定義副傷病_なし 16 25.88 16.83 6.25% 81.06
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 15 8.73 7.89 13.33% 61.67
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置等2_3あり 定義副傷病_なし 15 23.40 17.63 6.67% 75.93
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 処置等2_2あり 14 36.21 41.96 7.14 79.50
一般内科(総合内科)では、内科全般にわたる横断的医療を行っております。
全体的には非ホジキンリンパ腫や白血病などの血液の癌に対する化学療法入院が多く、化学療法チームと連携を取りながら診療を行っております。
DPCコード別では尿路感染症に対する抗生剤治療入院が一番多くなっております。
憩室性疾患では大腸の憩室炎で抗生剤治療を行っております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置等2_なし 定義副傷病_なし 131 12.85 11.06 7.63% 73.76
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 処置等2_なし 93 18.06 11.74 2.15% 74.87
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 処置等1_あり 処置等2_なし 定義副傷病_なし 28 17.46 14.28 0.00% 63.54
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 処置等1_あり 処置等2_なし 定義副傷病_なし 28 20.43 16.26 10.71% 77.82
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 27 25.33 13.50 22.22% 70.63
消化器内科では主に、胆管結石に対する内視鏡的治療や肝細胞癌に対する経皮経肝化学療法目的入院が多くなっております。
胆管結石においては結石による胆管炎の24時間緊急内視鏡も行っております。
経皮経肝化学塞栓療法は、肝細胞癌に栄養を送っている動脈を薬剤によってふたをして、同時に抗癌剤を注入することでがんを壊死させる治療です。
胆嚢の悪性腫瘍では、閉塞性黄疸に対する内視鏡下のステント留置を行う入院が多くなっております。
肝硬変では薬物療法や食事療法入院となっております。
平成27年度と比較すると、胆管結石の内視鏡治療の患者様が増えております。
その他当院では平成28年4月より総合(緩和)ケア病棟が開設され、一部の悪性腫瘍の診療を当病棟で行っております。
※大腸腺腫に対するポリープ切除目的の入院は短期滞在手術でDPC対象外となるため当集計には上がっておりません。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置等2_なし 定義副傷病_なし 205 4.04 3.06 2.93% 68.40
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置等1_なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 167 19.68 17.95 19.16% 80.64
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし、1,2あり 処置等2_なし 定義副傷病_なし 101 5.54 4.71 1.98% 71.38
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 処置等1_なし、1,3あり 処置等2_なし 定義副傷病_なし 48 13.00 11.38 12.50% 81.81
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 処置等1_なし、1あり 処置等2_なし 定義副傷病_なし 47 16.47 13.02 17.02% 72.83
循環器内科で最も多い症例は狭心症や慢性虚血性心疾患における心臓カテーテル検査目的入院です。
心臓カテーテル検査は手や足の動脈血管から細い管(カテーテル)を心臓まで通して、心臓を栄養としている血管に造影剤等薬液を流して血管を映し、狭くなったり、詰まったりしている所がないかを調べる検査です。平均在院日数も全国平均並みで短期間での退院となります。
次に多いのが心不全による入院で、高齢化社会で今後も増えることが予測されている疾患です。
心臓のポンプとしての働きが低下して、全身の臓器に必要な血液量を送ることができなくなった状態のことを言います。
主に薬物療法や食事療法をおこなっております。狭心症や心筋梗塞などの虚血心疾患に対する心臓カテーテル治療も多く、救急搬送による緊急カテーテル治療も行っております。その他に不整脈に対するペースメーカー移植手術が必要な患者様も多く入院治療を行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 51 7.29 6.82 0.00% 56.73
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置等1_なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 43 7.70 7.61 2.33% 58.35
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置等1_なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 37 19.70 15.92 2.70% 70.46
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 23 5.96 5.60 0.00% 38.52
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置等1_あり 処置等2_なし 20 13.70 13.77 25.00% 75.35
外科で対応している疾患の当院上位5疾患です。
平成28年度で最も多い症例が胆嚢結石や胆のう炎に対する胆嚢摘出手術目的の入院で、主に腹腔鏡による手術を行っており、平均在院日数は全国平均並みで退院となっております。
次に多いのが大腸癌に対する切除手術で、殆どは腹腔鏡による手術を行っており、平均在院日数はやや長くなっています。
虫垂炎の手術は救急搬送での緊急手術が多く、平均在院日数は全国平均並みとなっております。
腸閉塞(イレウス)は、鼻からイレウス管(吸引チューブ)を入れて、閉塞部にたまった腸液や食べ物を吸引し取り除く治療で、この管で改善しない場合は、手術による治療を行います。
その他、胃癌、肝臓癌、膵臓癌に対する手術目的の入院や鼠径ヘルニアや下肢静脈瘤などの短期滞在手術入院などの入院治療も多く行っております。
平成27年度と比べると上位5位の内容は同じとなっており、全体的に件数は増えております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 118 25.97 27.63 89.83% 84.53
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病_なし 50 13.64 20.57 86.00% 80.86
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病_なし 28 9.36 5.49 10.71% 61.21
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病_なし 17 13.76 15.97 82.35% 81.47
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 17 20.65 20.64 88.24% 75.47
整形外科で最も多い症例は大腿骨骨折による入院治療で、主に手術目的の治療が多くなっております。高齢者の方の転倒による骨折が多く、今後高齢化が進むにつれて増えていくことが予想されております。在宅復帰までにリハビリが長く必要な方が多く、地域の回復期病院への転院が約9割と多くなっておりますが、連携パスを使い後方病院との情報共有を行いながら、在宅復帰に向けた共同医療を行っております。
次に多いのが、胸腰椎の圧迫骨折に対するリハビリ治療目的の入院です。平均年齢も80歳となっており、高齢者の方で多くなっております。約8割の方がリハビリ治療目的で回復期病院への転院となっております。前腕骨折では手術目的の入院が多く、転倒による骨折でプレート固定をした後の抜釘(固定したプレートを除去する手術)を行っております。高齢者に多い大腿骨骨折や圧迫骨折などは平成27年度と比べ件数も増加しております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 処置等1_なし 処置等2_4あり 定義副傷病_なし 重症度等_発症前Rankin Scale 0、1又は2 32 20.13 16.54 43.75% 74.94
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 処置等2_なし 定義副傷病_なし 30 13.40 9.87 13.33% 80.00
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 15 7.47 7.12 13.33% 62.93
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 14 9.57 7.52 14.29% 57.50
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 13 23.85 19.35 69.23% 69.23
脳神経外科で最も多い症例は平成27年度と同じく、脳梗塞に対する点滴治療(エダラボン治療)です。
(※平成28年度の診療報酬改定より、脳梗塞のDPC分類に関し新たに「Rankin Scale」という重症度指標が取り入れられました。)
平均年齢は75歳ほどと比較的高く、在院日数は平均で約3週間となっており、およそ半数の患者さんがリハビリ等を目的に転院しております。
外傷による頭蓋内出血も増加傾向にあり、特に手術目的による入院患者さんの年齢は平均80歳と、こちらも比較的高齢化している事が伺えます。
てんかんによる点滴治療入院は、平成27年度とほぼ同様の傾向にあり、1週間ほどでほぼ自宅軽快退院となっております。
非外傷性頭蓋内血腫(脳内出血)の症例も多くなっております。脳内の血管が破れ大脳、小脳および脳幹等に出血した状態を指す症例であり、早期介入によるリハビリ療法を施します。
脳梗塞症例同様、回復期リハビリ等を目的とした転院率も、およそ7割と高い傾向にあります。

※発症前Rankin Scale … 脳梗塞発症前の概ね1週間のADL(Activities of Dialy Living:日常生活動作)を病歴等から推定し、その上で"0"~"5"までの数値により評価する。数値が大きいほど、重症度が高いとされる。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 82 5.27 5.79 0.00% 3.27
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎  処置等2_なし 36 5.11 6.09 0.00% 1.56
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎  処置等2_なし 33 4.39 5.50 0.00% 2.55
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)  定義副傷病_なし 32 4.88 6.02 0.00% 0.81
040100xxxxx00x 喘息  処置等2_なし 定義副傷病_なし 23 5.96 6.42 4.35% 2.39
平成28年度4月より小児科診療が再開となりました。小児科では肺炎や気管支炎などの呼吸器系疾患の入院治療が最も多くなっております。
次いで腸炎や喘息による入院治療も多く、その他に川崎病や腸重積の整復術の入院治療も行っております。
また、当院では食物アレルギーに対する食物負荷テストも行っておりますが、短期滞在によるDPC対象外となるため当集計には上がっておりません。
大半が低年齢の乳幼児です。平均在院日数は全国平均より短くなっております。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病_なし - - - - -
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 - - - - -
小児外科は平成28年10月より診療開始となっており、同年度で最も多い症例が虫垂炎治療による入院です。
鼠径ヘルニアの手術目的入院も多くなっておりますが、短期滞在手術入院となっておりDPC対象外であるため当集計には上がっておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 44 18 12 28 - 15 1 7
大腸癌 24 33 59 49 - 30 2 7
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - 20 11 12 - 103 2 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
いわゆる「5大がん」である胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者数を、初発のUICC病期分類(※)と
再発に分けて集計しています。主に消化器系のがん症例に対し、手術や化学療法等により、がんの進行度合いに沿った治療を行っています。
肝がんに関しては、再発率が比較的高い事もあり、再発症例数がおよそ6割を占めています。

※UICC病期分類 ... 国際対がん連合(UICC)によって定められたTNM記号による病期分類。
原発巣の大きさと進展度を表すT(T1~T4)、所属リンパ節への転移状況を表すN(N0~N3)、遠隔転移の有無を表すM(M0、M1)の3記号を指標として、がんの進行度をStageⅠ~Ⅳまでの4期に分けることができる。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 11.00 52.58
中等症 67 16.70 80.15
重症 13 24.31 85.62
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の日常生活を送っている中で発症した肺炎の事であり、病院内で発症した肺炎は含みません。重症度は、年齢や身体所見による肺炎の重症度分類(A-DROPシステム)により分類しており、数字(スコア)が大きいほど、より重症となっていきます。平成27年度と比較した場合、分類名称は変更されておりますが、内容についてはほぼ同義となっております。当院では中等症(重症度のスコアが1~2)に分類される肺炎の患者様が7割を超えており、平均年齢も80歳前後と比較的高齢の患者様が多い傾向となっております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 85 20.31 76.42 47.06%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞の患者様のほぼ9割が、3日以内に発症し当院に入院となっております。入院後は治療やリハビリを行いますが、入院日数は平均して20日前後と、比較的長期化する傾向にあります。退院先として、およそ半数の方が自宅等へ退院しますが、残り約半数の方は、リハビリ継続等の理由で回復期病院などに転院されます。
当院では、平成29年2月から地域包括ケア病棟を開設した事に伴い、当症例の様に今まで回復期や療養型医療機関へ転院となっていた症例に対し、当院での治療を継続し自宅退院を目指すよう努めております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 9.91 11.82 90.91% 79.82
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 - - - - -
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
内科で最も多いのは胃瘻造設術です。平成27年度でも最も多い手術となっており、平均年齢が80歳前後で高齢者に多い手術となっております。
口から食事の取れない方や食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方に直接胃に栄養を入れる栄養投与法で、造設後も長期管理が必要であるため、ほとんどの方が転院となっております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 191 0.58 1.65 0.52% 65.63
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 152 2.36 15.56 11.84% 76.65
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 89 3.13 14.16 1.12% 75.49
K654 内視鏡的消化管止血術 29 0.17 14.34 24.14% 76.52
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 27 0.67 8.74 0.00% 72.96
消化器科で最も多いのが大腸ポリープ切除術(EMR)です。短期滞在手術となっており、一泊二日での退院がほとんどです。
次に多いのが内視鏡的ステント留置術です。腫瘍や結石で胆汁の流が悪くなり、黄疸や胆管炎になっている症例に対して胆管の出口から
内視鏡を用いてステントと呼ばれるメッシュ状の金属を狭くなっている部分に挿入して拡げることで胆汁の流れをよくする処置です。
総胆管結石を除去する手術前の処置として行われることもあり、術後日数は比較的長くなっております。
肝臓内科では、選択的動脈化学塞栓術です。肝細胞癌が栄養としている肝動脈内にカテーテルを挿入して、肝動脈内に抗癌剤と塞栓物質を投与して血流を遮断し、癌を死滅させる処置です。
その他に、胃十二指腸潰瘍、胃粘膜病変、食道・胃静脈瘤などによる出血に対してクリップやAPC(アルゴンプラズマ凝固)で内視鏡的に止血する治療や早期胃癌に対する内視鏡液粘膜下層剥離術(ESD)なども多く行っております。
消化管止血術は24時間の緊急内視鏡の対応も行っております。平成27年度を比較するとTOP3は同じでステント留置術は件数が増えております。
大腸ポリープ切除術は、平成28年度より一部外来日帰り手術(コールドポリペクトミー)を行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 99 2.91 3.42 3.03% 72.17
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 38 4.08 10.55 15.79% 81.26
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 25 0.12 14.88 24.00% 74.80
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 25 0.00 16.32 12.00% 71.36
K597-2 ペースメーカー交換術 16 1.31 8.44 0.00% 83.56
循環器内科では虚血性心疾患に対する冠動脈ステント留置術が最も多くなっております。
ステントと呼ばれる網目蒸の金属筒を心臓血管の狭くなった部分に置いて血管を拡げる治療です。
心臓カテーテル検査時に狭窄部分が見つかり、後日予定入院で治療を行う場合と、急性心筋梗塞で救急搬送され緊急カテーテル治療となる場合があります。
二番目に多いのがペースメーカー移植術です。洞機能不全症候群や房室ブロックなどの不整脈に対して、ペースメーカーという脈が少なくなった時に電気的刺激を心臓に与え、心臓の鼓動を維持する機械を前胸部の皮下に植込む手術です。
平成27年度と比較すると上位は変わらず件数も前年度並みとなっております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 95 1.20 5.32 1.05% 57.59
K6335 鼠径ヘルニア手術 64 1.17 1.25 0.00% 65.08
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 29 5.00 13.17 6.90% 70.00
K7181 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 20 0.20 4.65 0.00% 39.80
K6552 胃切除術 悪性腫瘍手術 17 3.29 16.65 11.76% 67.29
当科において平成28年度で最も多い手術が腹腔鏡下胆嚢摘出術で、急性胆嚢炎、胆嚢結石、胆嚢ポリープなどの症例で腹腔鏡という細長いカメラをお腹の中に入れ、テレビモニターを見ながら行う手術です。開腹術に比し、傷が小さく、術後の痛みも少なく、早期退院、職場復帰が可能です。平成27年度を比べると件数が30件程多くなっております。
次に多いのが鼠径ヘルニア手術です。鼠径ヘルニアは一般的に「脱腸」と呼ばれ、乳幼児から高齢者まで幅広く起こり得る疾患です。ほとんどが予定入院となっており短期滞在の手術となっております。
大腸癌手術症例のほとんどは腹腔鏡下手術です。腹腔鏡下胆嚢摘出術と同様に、傷が小さく、手術からの回復も早い身体に優しい手術です。
虫垂切除術は救急搬送による緊急手術となることが多い手術で、当院では、365日24時間、いつでも緊急手術が出来る体制です。
胃切除術は、胃の悪性腫瘍に対する切除術で胃の一部を切除する開腹術ですが、早期癌に対しては、腹腔鏡下手術をおこなっています。
TOP5の手術は平成27年度と同じです。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕・大腿) 87 5.79 17.01 83.91% 83.99
K0811 人工骨頭挿入術(肩・股) 39 7.79 19.59 94.87% 82.08
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿) 29 5.21 14.21 34.48% 63.21
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕・下腿) 26 2.19 6.38 3.85% 54.92
K0731 関節内骨折観血的手術(肘・股・膝) 17 4.94 19.71 88.24% 65.88
骨折観血的手術はギプス固定では治療が難しい骨折に対して、ワイヤーやプレート、ネジなどで固定する手術です。
人工骨頭挿入術は折れた骨頭を取り除いて人工物でできた骨頭に置き換える手術です。
骨内異物除去術は骨折観血的手術で固定を行ったのち、骨癒合が完成してから抜去する手術です。
当院では、高齢者の中でも多い大腿骨骨折に対する手術症例が多く、骨折の状態に応じて骨折観血的手術や人工骨頭挿入術を行っております。
大腿骨骨折では長期リハビリが必要となるので、術後は地域の回復期病院と連携を取り連携パスなどを使いながら在宅復帰に向けたリハビリ治療の継続を共同で行っております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 31 1.39 13.61 29.03% 81.03
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 - - - - -
K1742 水頭症手術 シャント手術 - - - - -
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 - - - - -
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -
最も多いのが慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術です。昨年度と比べて平均年齢も上がっており、患者数も増えております。
慢性硬膜下血腫は外傷などにより頭部を受傷したことで起こるもので、交通事故や高齢者の転棟などの原因が多く受傷後しばらくしてから症状が現れます。
穿孔洗浄術は、局所麻酔下で頭蓋骨に穴を開け、血腫を除去した後、血が溜まっていた空洞を洗浄する手術です。
脳動脈瘤頸部クリッピング術は、脳ドックなどで見つかった未破裂の脳動脈瘤に対して開頭して動脈瘤の根元の部分を血管の外側からクリップではさんで瘤の中に血液が入らないようにすることで破裂を防止する手術です。
水頭症は、脳脊髄液が過剰にたまって圧迫することで脳の働きが悪くなることで、シャント手術はたまっている髄液を他の場所へ逃がす手術です。
椎弓切除術は、腰部脊柱管狭窄症による圧迫を椎弓を削り脊柱管を拡げることで緩和する手術です。
穿頭脳室ドレナージ術は脳出血などでおこった水頭症(非交通性水頭症)に対して緊急的に髄液を外に流出させるため、脳室にチューブを挿入して髄液を体外へ導出する手術です。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
腸重積症は腸管の一部が連続する腸管内に陥入した状態をいい、生後3ヶ月から2歳頃までに発症することが多い病気です。腸重積症整復術の非観血的なものとは、おしりから造影剤や生理的食塩水を注入したり、空気を注入して入り込んだ腸を押し戻す方法で、平成28年度の当院の症例では空気整復による腸重積の解除を行っております。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの - - - - -
鼠径ヘルニア(脱腸)は、お腹にある臓器が飛び出してきて鼠径部が腫れてくる病気で、こどもの外科手術で最も多くなっております。ヘルニア手術は下腹部を切開し、ゆるんだ腹膜のヘルニアの袋を根元で縛って切る手術です。2日から3日で退院となっております。
小児の虫垂炎は小・中学に多い病気で、虫垂に化膿が起こった状態です。腹腔鏡下手術は開腹手術と比べて術後の傷も小さく、手術からの回復も早い等の利点があり、積極的に行っております。約一週間での退院となっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 29 0.67%
異なる - -
上表に挙げた症例は、発症した場合入院が長期化する事が多く、全退院患者数に対する発生率を極力少なくするよう当院でも一層の注意を払うよう努めています。手術・処置等の合併症の多くは、吻合部狭窄や術後の出血が挙げられます。吻合部狭窄とは、消化器の切除手術等による消化管の吻合部(つなぎ目)が狭くなる事をいい、内視鏡下でのバルーン拡張術や、再手術が必要となる場合もあります。
更新履歴
2017/09/28
平成28年度病院指標を公開