平成29年度 霧島市立医師会医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 438 89 49 104 174 366 879 978 1095 350
当院は、消化器疾患、循環器疾患、整形疾患、脳神経疾患などを主として急性期医療を担う病院です。
平成28年度と同様、全患者数に対する60歳以上の退院患者が7割を超えております。また、平成28年度より再開・開始された、小児科・小児外科に係る0歳~・10歳~区分の患者数も増加傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 29 15.48 12.34 6.90 76.28
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア1 21 18.86 13.51 9.52 82.81
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 19 19.74 16.48 0.00 74.32
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 18.94 20.83 27.78 85.94
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 15 14.60 5.15 6.67 67.93
一般内科(総合内科)では、内科全般にわたる横断的医療を行っております。
尿路感染症,肺炎などの薬物療法入院や非ホジキンリンパ腫の化学療法入院が多く全て昨年度より件数も増え、高齢者で多くなっております。
リンパ腫の化学療は院内化学療法チームと連携を取り診療にあたっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 123 12.20 10.61 13.82 77.83
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 100 18.02 11.44 3.00 74.60
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 20.76 15.55 17.65 80.68
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 33 10.39 7.87 3.03 64.15
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 29 11.24 9.06 0.00 71.59
消化器内科では、胆管結石や閉塞性黄疸に対するステント留置やドレナージなどの内視鏡治療や肝細胞癌の経皮経肝化学療法の症例が昨年度並みの件数で最も多くなっております。また、当院ではEMR(内視鏡的粘膜切除術)やESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)などの内視鏡治療症例も多く、二次医療圏内で専門的な内視鏡治療や検査を幅広く行っております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 212 4.22 3.03 0.94 69.12
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 170 22.54 17.71 16.47 81.52
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 82 5.41 4.62 0.00 67.43
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 17.65 12.72 4.65 68.91
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 19.65 11.21 10.00 82.80
当院循環器内科では、狭心症、急性心筋梗塞などの虚血性疾患に対するカテーテル検査・治療が上位を占め、24時間緊急で対応できる体制を敷いております。また心不全の薬物療法や食事療法入院も多く、高齢者に多いことから今後増えることが予測されます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 40 7.80 6.64 0.00 57.38
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 9.38 7.40 5.13 60.64
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 33 6.85 5.56 0.00 43.94
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 11.78 8.98 0.00 67.35
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 19 15.26 13.52 26.32 70.68
外科で対応している疾患の当院上位5疾患です。
最も多い症例は胆嚢結石や胆嚢炎、次に虫垂炎やヘルニアなどの良性疾患です。現在腹腔鏡手術に習熟した医師や、肝胆膵高難度手術専門医など7名の医師により診療にあたっており、胃,大腸,肝臓,胆道,膵臓などの癌の専門的治療(手術)も幅広く行っております。
また、24時間365日緊急手術体制を整え、全力で対応しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 138 28.63 27.09 89.13 84.12
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 40 16.83 19.94 72.50 73.58
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 27 8.07 5.21 11.11 57.52
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 15 23.40 23.14 93.33 73.33
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等 13 30.92 26.82 84.62 71.62
高齢者の方の転倒による大腿骨骨折は全国で年々増えており、当院整形外科においても大腿骨骨折の入院が最も多く、昨年度よりも増えております。在宅復帰までのリハビリも長く、当院での急性期治療後は地域の回復期病院と連携パスで情報共有し、在宅復帰に向けた地域一体型の診療を行っております。胸腰椎の圧迫骨折入院、前腕骨折入院も昨年同様当科症例のTOP3となっており、地域の救急外傷センター的役割を果たしています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 28 21.00 16.38 32.14 68.36
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 16.37 9.68 42.11 80.05
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 18.83 11.75 16.67 75.58
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 12 20.67 18.34 41.67 76.58
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 32.91 19.10 72.73 68.09
脳神経外科で最も多い症例は、平成27、28年度と同じく、脳梗塞に対するエダラボン投与による脳保護療法です。1位と4位は、同じ脳梗塞として分類されますが、そのおよそ3割の患者は副傷病に該当する疾患を入院時、または入院後に発症しており、平均年齢も比較的高齢となっております。ここで言う副傷病とは、水頭症、てんかん、頻脈性の不整脈等が挙げられます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 88 5.23 5.94 0.00 1.15
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 49 4.53 5.50 0.00 3.71
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 43 5.30 6.03 0.00 1.53
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 5.30 6.32 0.00 2.43
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 5.43 5.70 0.00 2.50
小児科では肺炎、気管支炎、喘息などの呼吸器疾患が最も多く、平成28年度の小児科診療再開後、患者数も増えております。
川崎病や腸重積の整復などの入院治療や食物アレルギーに対する食物負荷テストなどの入院診療なども行っております。
入院施設の少ないこの地域において、急性期の入院医療を担い、地域の開業医とも連携を取りながら診療を進めてまいります。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし - - - - -
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 - - - - -
060160x199xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) 手術なし - - - - -
060330xx99xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 手術なし - - - - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
平成28年10月の診療開始以降患者数も増えており、虫垂炎手術入院をはじめ,鼠径ヘルニア手術や胆嚢結石手術の入院症例も増えております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 58 11 10 19 - 13 1 7
大腸癌 20 15 38 41 - 43 1 6,7
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 13 12 14 - - 96 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
いわゆる「5大がん」である胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者数を、初発のUICC病期分類(※)と再発に分けて集計しています。主に胃癌・大腸癌の症例に対し、内視鏡下あるいは外科的手術や、抗がん剤による化学療法等の治療を行っております。

※UICC病期分類 ... 国際対がん連合(UICC)によって定められたTNM記号による病期分類。
原発巣の大きさと進展度を表すT(T1~T4)、所属リンパ節への転移状況を表すN(N0~N3)、遠隔転移の有無を表すM(M0、M1)の3記号を指標として、がんの進行度をStageⅠ~Ⅳまでの4期に分けることができる。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 12.00 65.63
中等症 75 20.05 81.76
重症 17 20.59 84.24
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の日常生活を送っている中で発症した肺炎の事であり、病院内で発症した肺炎は含みません。重症度は、年齢や身体所見による肺炎の重症度分類(A-DROPシステム)により分類しており、数字(スコア)が大きいほど、より重症となっていきます。当院の診療実態として、高齢な患者さんほど重症化する傾向にあり、また在院日数も長期化する傾向にあります。中等症(重症度:1~2)に分類される肺炎の患者さんが、前年度同様7割程度を占めております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 96 23.80 76.32 42.31
その他 - - - -
ほとんどの脳梗塞患者が、3日以内に発症し当院に入院となっております。当院では、当症例に対しエダラボンという薬品を投与する保護療法やリハビリを行います。転院率は退院患者に対しおよそ半数を占めており、残りの半数は、当院の地域包括ケア病棟でのリハビリ継続等により在宅復帰を目指せるよう努めております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 12 6.92 9.92 75.00 82.25
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン) - - - - -
K651 内視鏡的胃、十二指腸ステント留置術 - - - - -
前年度同様、内科で多く実施されている手術は胃瘻造設術(PEG:Percutaneous Endoscopic Gastrostomy)です。胃瘻とは、胃に直接栄養を投与するために胃に作る小さな口を指し、口から食事の取れない方や嚥下が困難な方、食べてもむせ込んで肺炎などを引き起こしやすい方を主に対象とします。造設後も長期的な管理が必要なため、その多くの患者さんが転院となっております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 177 2.16 15.59 14.12 78.60
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 164 0.31 1.41 0.00 65.45
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 101 2.98 14.07 2.97 74.63
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 28 0.64 9.64 0.00 74.68
K654 内視鏡的消化管止血術 27 1.63 14.89 11.11 68.67
消化器内科では、主に内視鏡的ステント留置術、大腸ポリープ切除(EMR)、選択的動脈化学塞栓術(TACE)といった手術を多く行っております。順位の変動はありますが、上位3つは前年度と同様の実績となっております。消化管止血術はEMR後の出血等、緊急的に行われる場合が多く、当院では24時間の緊急内視鏡治療の対応も行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 71 2.07 3.03 0.00 66.66
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 31 4.61 20.13 16.13 84.16
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 29 0.03 20.07 6.90 67.93
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 24 0.04 21.71 12.50 74.04
K597-2 ペースメーカー交換術 13 1.23 14.62 7.69 82.77
循環器内科での手術件数は、上位は変わらず件数も前年度とほぼ同様となっております。冠動脈ステント留置は、術前日数が短い傾向にあり、特に狭心症・心筋梗塞などの急を要する場合は、診療時間内・外を問わず緊急的にカテーテル治療を行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 87 2.15 6.44 3.45 60.72
K6335 鼠径ヘルニア手術 74 0.93 1.05 1.35 65.76
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 23 6.52 17.13 4.35 71.43
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 17 0.24 5.29 0.00 49.65
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 16 0.38 5.81 0.00 37.88
外科で多く行われている手術が腹腔鏡下胆嚢摘出術で、急性胆嚢炎、胆嚢結石、胆嚢ポリープといった症例を対象に実施されてます。
鼠径ヘルニア手術も、前年同様ですが、従来の術式に加え、腹腔鏡下手術も導入しています。
虫垂切除術は、緊急的に手術が必要となる場合が多い術式で、当院では24時間365日、いつでも開腹もしくは腹腔鏡下での緊急手術が出来る体制を敷いております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 105 7.13 20.05 82.86 82.80
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 48 7.73 18.00 91.67 81.96
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 22 4.86 15.36 36.36 54.50
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 22 4.09 17.64 95.45 73.59
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 20 1.70 9.50 5.00 58.70
整形外科では、高齢者でリスクが大きい転倒による大腿骨骨折に対する手術を多く行っております。骨折の状態に応じ、ワイヤーやネジ等で固定する骨折観血的手術や、折れた骨頭を除去し人工物で出来た骨頭に置換する人工骨頭挿入術を多く実施しており、前年度と比較し件数が増加しております。術後は長期的なリハビリが必要となる場合がほとんどで、地域の回復期医療機関と地域連携パス等を用いた在宅復帰の支援を行っております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 29 1.03 16.93 37.93 79.79
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) - - - - -
最も多いのが慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術です。前年度と同程度の件数を実施しております。当症例は、交通事故や高齢者の転倒等を原因としたものが多く、受傷後しばらく経過してから症状が現れるのが特徴です。
脳動脈瘤頸部クリッピング術とは、未破裂の脳動脈瘤に対し開頭して瘤の根元を血管の外側からクリップで挟み、瘤内に血液が流入し破裂するのを防ぐ手術です。
経皮的頸動脈ステント留置術とは、頸動脈の狭窄に対し行われるカテーテル治療で、ステントと呼ばれる金属製の網状の器具を用いて狭窄している血管を広げる手術です。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - - - - -
K626-2 リンパ節膿瘍切開術 - - - - -
小児科では、主に空気整復(空気を注入し、入り込んだ腸管を押し戻す方法)による腸重積の解除を、前年度同様行っております。リンパ節膿瘍切開術は、主に感染症を原因とした頸部膿瘍に対し外科的に切開・排膿を行います。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 14 1.00 1.00 0.00 5.57
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
K414-2 甲状舌管嚢胞摘出術 - - - - -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K8281 包茎手術(背面切開術) - - - - -
平成28年10月より、小児外科専門医・指導医の資格を持つ優秀な医師が着任し、小児外科の診療開始に伴い、小児外科領域における外科的手術件数も多くなっております。最も多く行われている手術は鼠径ヘルニア手術で、外科同様、短期的な入院です。小児患者に対する虫垂切除術も行っており、その多くは腹腔鏡下(腹腔鏡と呼ばれるカメラを挿入し、カメラモニターを見ながら行う手術)で実施されております。開腹手術と比べて傷が小さく、手術からの回復も早いといった利点があります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 16 0.35%
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.40%
異なる - -
播種性血管内凝固症候群(DIC:Disseminated Intravascular Coagulation)とは、血液の凝固反応(出血を止める作用)が非常に高くなり、全身の細い血管を詰まらせる血栓が生じる病態で、主に癌や細菌感染をベースに起因します。手術・処置等の合併症の多くは、吻合部狭窄や術後の出血が挙げられます。いずれの症例も、発症した場合入院が長期化する事が多く、全退院患者数に対する発生率を極力少なくするよう当院でも一層の注意を払うよう努めています。
更新履歴
2018/09/25
平成29年度病院指標を公開