コンテンツ

クオリティ・マネジメント室

 

当院では、医療事故を防止し、医療の質を向上させることを目的として、平成16年4月に専任リスクマネジャーを配置し医療安全管理室を設置しました。さらに、平成18年4月にはクオリティ・マネジメント室となり、感染認定看護師(兼任)を配置し、医療事故や感染事故を防止し、安全で質の高い医療の提供を目指しています。 患者さまの安全を確保するために医療従事者の不断の努力と病院全体の組織的な医療事故防止対策に取り組み、患者さまが安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標とし安全管理体制の充実と推進を行っています。 医療安全に関する委員会として、「医療安全管理委員会」「リスクマネジャー部会」「院内感染防止対策委員会」「ICT」を設置しています。

 

専任リスクマネジャーの業務内容

  1. インシデント・アクシデントレポートの収集、分析
  2. 安全管理対策の立案・調整・周知・評価
  3. 職員研修の立案・実施
  4. 各部門、各科のリスクマネジャーとの連携・調整
  5. 安全管理のための委員会の企画、運営、またはサポート
  6. その他院内の安全に関わる委員会との連携
  7. 院内の安全に関する相談および助言
  8. 安全管理に関する調査や研究
  9. 事故発生時の対応(状況把握、適切な連絡・報告、現場のサポート、院内への正確な情報提供、事故に関する診療記録の記載状況を確認)

 

感染認定看護師の業務内容

  1. 病院感染対策の立案と実施
  2. 院内感染サーベイランス業務(病院感染の現状把握、サーベイランス集計)
  3. コンサルテーション・指導業務
    ・感染予防対策に関すること
    ・感染対策マニュアルの作成・改定
    ・院内における感染対策処置
    ・予防処置の評価と指導
  4. 院内感染防止にかかる教育・研修・啓発の立案、実施
  5. 感染症情報の収集、院内情報発信に関すること
  6. 職業感染対策に関すること針刺し事故報告の収集、分析、改善