コンテンツ

リハビリテーション室

当院のリハビリテーション室のご紹介です。

基本理念

  • すべては患者さんの最善・最良の人生のために
  • 個別性を重視したリハビリテーションプロセスを実現する
  • 質の高い評価・治療を提供する

業務内容

  • 急性期の入院患者さんを中心に、運動機能の回復や日常生活・精神機能・社会的役割の回復を一緒に進めていきます。
  • 刷新的な治療技術・知識の習得に努めています。

リハビリテーションの流れ

当院は、入院の方に対して、急性期リハビリテーションを提供しています。血圧などの管理をしながら、状態に応じて、入院・手術後早い段階からリハビリテーションを行います。
※病名や病気の期間によって、医療保険下でのリハビリが行えない場合があります。

リハ開始初日

リハ開始初日 リハ処方が出たら、担当がお部屋にお伺いします。
運動機能や精神機能を評価、入院前の状況を確認します。
ベッド上から徐々に進めていきます。


全身状態が安定したら・・・

全身状態が安定したら・・・ リハ室で積極的にリハビリを行っていきます。

治療のための器具も充実しています♪


多職種による話し合い

多職種による話し合い 医師・看護師・リハスタッフ・ソーシャルワーカー・薬剤師・栄養士・放射線技師 多職種が集まり治療方針や今後の方向性について、意見交換を行います。


リハビリ転院・自宅退院

リハビリ転院・自宅退院 ご本人の状態、ご家族の希望、主治医の判断により、自宅退院か、さらにリハビリが必要かを決定します。

退院の場合は、自宅に帰るための環境調整を、転院の場合は、転院先にこちらのリハビリの状況をお伝えし、退院・転院後もスムーズにリハビリができるようにしています。


疾患別リハビリテーション

脳血管リハビリテーション

脳血管 超急性期からの脳血管障害や神経疾患、高次脳機能障害のある方へのリハビリです。

PNF、認知神経リハや課題指向型アプローチ、Activity、言語。様々な治療介入を行います。
PTOTSTで積極的に情報交換を行い、チームアプローチを実施しています。


運動器リハビリテーション

運動器 骨折・切断・関節の変形疾患のある方へのリハビリです。

手術前から介入します。
早期の運動機能回復のため、解剖学・生理学・運動学の理論に基づいた医学的な評価治療を展開します。


呼吸器リハビリテーション

呼吸器 人工呼吸器からの離脱、外科術前・術後、慢性呼吸器疾患の急性増悪など急性期呼吸リハビリに介入しています。

排痰、ポジショニング、早期離床を行います。


心大血管リハビリテーション

心大血管 心筋梗塞・心不全・大血管手術後等の方へ血圧管理をしながら、運動機能改善、再発予防目的で実施します。

心肺運動負荷試験を実施して、日常生活どのくらい動いていけるか評価をします。


廃用症候群リハビリテーション

廃用症候群 急性期の治療による安静のために、基本動作能力や日常生活能力、言語聴覚能力が低下した方へのリハビリです。

ベッドサイドから、全身状態に合わせて行います。


がんリハビリテーション

がん がん研修を受けたスタッフが、がんにより生じた運動機能、生活機能の低下予防や改善をはかります。

キャンサーボードへの参加や緩和ケア病棟入院中の方に対する介入、在宅復帰のお手伝いも行います。


部門別リハビリテーション

理学療法

理学療法 <急性期の理学療法>
入院早期から治療を行います。
痛みをとる治療(徒手的な介入や電気治療等)や手術後の管理(合併症の管理や身体状況把握)を行いながら、起きる練習や、歩く練習を進めていきます。廃用症候群の防止(筋力低下の防止、関節が固くなることの防止、呼吸機能の維持等)、ポジショニング(床ずれの防止)、杖や装具等の使用方法の指導を専門的に実施します。

<退院や社会復帰のための理学療法>
退院や今後の人生に、必要な歩行や日常生活、家事動作、職場復帰、趣味などあらゆる生活場面に応じた運動機能の回復や痛みの原因となっている動作の指導を行います。
必要に応じて、ご家族への介助方法や自宅で継続できるプログラムも指導します。


作業療法

作業療法 作業療法は、その人の人生にとって「意味のある作業・活動」を使ってリハビリテーションを行います。
各々の心身状態を見極め、その人がその人らしく生きていくために何が必要なのか、そのためにどんな能力が必要なのかを考え、人生・生き方に適合する作業種目を用いて、治療・介入を行っていきます。

障がいをもった急性期のその時から、今すべきことが将来どのようにつながるのか、生活を取り戻すための手がかりを見つける作業に一緒に取り組み、暮らしを見据えたアプローチを展開します。


言語聴覚療法

言語聴覚療法 脳卒中後の言語障害(失語症、構音障害)や聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や発音の障害など、ことばによるコミュニケーションの問題はさまざま。病気や加齢によるもので、うまくかめない、飲み込めないといった症状もみられます。

言語聴覚士は、こうした問題の原因や発現メカニズムを明らかにするために検査や評価を行い、治療・指導等を行います。

特に嚥下障害については、誤嚥性肺炎など重篤な合併症につながる可能性があります。噛む・飲み込む機能を評価して、食べるものの硬さ、大きさ、トロミ具合等を検討します。

当院では、歯科医と言語聴覚士、栄養士、薬剤師など多職種による口腔ケアラウンドを実施しております。
口腔ケアは、口の中の細菌を減らすことで、肺炎予防・糖尿病予防・食べる楽しみに必要な味覚の改善など様々な効果が知られています。


教育方針・研修受け入れ状況

クリニカルクラークシップ導入

当院では、各養成施設から臨床実習生を受け入れております。患者さんの利益のために少しでも職業倫理観が高く、技術研鑽を続けていけるセラピストを輩出したい想いから実務を通して知識・技術・技能・態度などを意図的・計画的・継続的に修得してもらうようにしています。新しく仲間に入るスタッフに対しても、同等の教育システムを導入しています。

OSCE(客観的臨床能力試験)

限られた実習期間の中で、効率的に学んで頂くために、各スタッフが学生の現在の能力を共通認識する場として活用しています。

部署内研修

週1回抄読会、月1回技術講習会、各専門職だけの勉強会等を行っています。院外研修への参加も積極的です。

27年度診療実績

トピックス

マタニティリハビリ外来

地域連携の一環として、マタニティリハビリ外来を開始しています。
産前産後の痛みや、尿漏れは、あたり前ではなくカラダの不具合のサインです。
放置せず、しっかり治療をして、育児ライフを快適に過ごしましょう♪

27年度学術・講演実績

参加者・発表者 テーマ
宇都 良大 神経系疾患の急性期における理学療法評価と管理A(講師)
愛下 由香里 神経系疾患の急性期における理学療法評価と管理@(講師)
愛下 由香里 中央労働災害防止協会 腰痛予防講習会 鹿児島(講師)
愛下 由香里 中央労働災害防止協会 腰痛予防講習会 宮崎(講師)
愛下 由香里 ウィメンズヘルス基礎講座(講師)
愛下 由香里 地域母子保健推進研修会産前産後ベーシックコース(講師)
愛下 由香里 専門職向け産前産後スターティングセミナー(講師)

スタッフの紹介

理学療法士:9名
作業療法士:4名
言語聴覚士:1名
助手:1名

愛下 由香里- Yukari Aishita

(室長)

愛下
専門
  • 運動器・脳血管・呼吸循環・ウィメンズヘルス・予防・産業理学療法・臨床研究
【信念】
!!闘魂!!
すべては、患者さんとスタッフの利益のために。

永田 将士- Masashi Nagata

(副室長)

永田
専門
  • 運動器・脳血管・がん・摂食嚥下・小児発達
【信念】
いつも患者さんの『作業』に寄り添って支援したい

松下 昭一- Akikazu matsushita

(PT主任)

松下
専門
  • 院内機能に特化した一般的理学療法脳システム・体表解剖・アライメント・介護福祉・認知症ケア
【信念】
北風と太陽。
患者さん主導(主人公)のリハ展開

福田 梨香- Rika Fukuda

(OT主任)

福田
専門
  • 院内機能に特化した一般的理学療法脳システム・体表解剖・アライメント・介護福祉・認知症ケア
【信念】
その人らしくあるために。。。
一人ひとりの人生に作業を届けたい

大平 和宏- Kazuhiro Oohira

(ST主任)

大平
専門
  • 摂食嚥下・リハ栄養・高次脳機能障害・全般・NST・ケアマネージャー
【信念】
地域に根差した医療を。
仕事は楽しく!!

認定資格・所属学会

27年度取得認定資格

  • 脳卒中認定理学療法士
  • 地域包括ケア推進リーダー
  • サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者
  • 臨床実習指導者育成資格
  • おもちゃ子育てアドバイザー
  • GASQUETアプローチレベルTコース終了
  • Pfilates instructor

所属学会

  • 日本糖尿病協会
  • 日本離床研究会
  • 鹿児島県地域糖尿病療養指導士会
  • 日本リンパ学会
  • 日本臨床徒手医学協会
  • 日本心臓リハビリテーション学会
  • 鹿児島母性衛生学会
  • 認知神経リハビリテーション学会