コンテンツ

臨床検査室

当院の臨床検査室のご紹介です。

基本理念

  • 向上心
  • 親切心
  • 平常心

業務内容

 臨床検査室は生理機能検査と検体検査に分かれており、当院職員は生理機能検査を主とし、検体検査は(株)パソロジーラボラトリーに委託しています。
 基本理念とともに『迅速かつ丁寧に正確な検査を行う』を目標に日々邁進しています。
 特色は、心臓カテーテル検査時に対する24時間on call体制や検体検査は当直体制を行っています。
 超音波検査は放射線室と共同に担当し、それ以外に心肺運動負荷試験、心臓カテーテル検査などはリハビリ室、臨床工学室と共同に業務を行っており意見交換なども活発に行われています。
 また、チーム医療の一環として感染対策チーム(ICT)活動に参加しています。

心電図検査(マスタ−負荷試験、ホルター心電図など)

ECG-1 ECG-2

ABI検査

ABI-1 ABI-2

超音波検査

腹部や心臓の他に全身の血管や甲状腺、乳腺、整形外科領域の検査を行っています。乳腺検査は女性技師が担当しています。
US-4

心臓カテーテル検査

心肺運動負荷試験(CPX)

CPX-1

28年度診療実績

生理機能検査

生理機能検査は前年度と比べ聴力検査が大幅に増加し、脳波が少し下回っている。その他の検査はほぼ横ばいである。

件数 前年度比
心電図関係* 7,341 1.08
血圧脈派ABI 545 1.04
呼吸機能 1,163 1.12
脳波 70 1.18
聴力* 57 1.09
眼底 687 1.40

*心電図関係(安静,負荷,R-R,ホルター,24h血圧,CPX)
*聴力(標準純音,ティンパノメトリー,リフレックス)

検体検査

検体検査は前年度より少し下回っている検査が幾つかあるがほぼ横ばいである。

件数 前年度比
尿・糞便 12,995 1.05
血液 69,227 0.91
生化学 589,852 0.99
免疫 79,385 1.04
輸血 1,246 0.94
出血・凝固時間 1,660 0.96

トピックス

Young Investigator's Award 最優秀賞を受賞!

 平成27年9月27日に開催された第25回日本超音波医学会九州地方会にて「Young Investigator's Award 腹部部門」で最優秀賞を受賞しました。
 『C型慢性肝炎におけるFibro ScanとShear Wave Elastographyの比較』
今後も積極的に学会や講習会に参加し患者様の役に立てるように精進していきたいと思います。 林

熊本地震 エコノミークラス症候群ボランティアに参加してきました

 平成28年4月に起こった熊本地震により、たくさんの被害がありました。中でもエコノミークラス症候群による死亡者があったことはセンセーショナルに報道され、被災者の方々を不安にさせていました。このようなことにより、日本循環器学会、日本臨床検査技師会、熊本市民病院を中心としたエコノミークラス症候群ボランティアが継続的に行われており、当院技師も4月29・30日、9月22日の活動に参加してまいりました。少しでも被災地に寄り添えるよう今後も活動を続けていければと思います。 大久保

27年度学術実績

参加者・発表者 テーマ
林 尚美 第25回 日本超音波医学会九州地方会 H27.9.27 鹿児島県
Young Investigator's Award 『C型慢性肝炎におけるFibro ScanとShear Wave Elastographyの比較』
大久保 友紀 第25回日本超音波医学会九州地方会 H27.9.27 鹿児島県
小林 利次 Image of the year Award 『肺脂肪塞栓の患者で捉えた特徴的なエコー像』
川村 健人 第25回日本超音波医学会九州地方会 H27.9.27 鹿児島県
一般演題 『腹痛を契機に発見された膵SPTの1例』

スタッフの紹介

臨床検査技師:5名
事務:1名

林 尚美- Naomi Hayashi

(室長)

林
専門・資格等
  • 超音波検査士
『育児と仕事の両立しながら日々頑張っています!』

大久保 友紀- Yuki Okubo

(主任)

大久保
専門・資格等
  • 超音波検査士
  • 血管診療技師

認定資格・所属学会

  • 日本臨床衛生検査技師会
  • 日本超音波医学会
     超音波検査士 2名
  • 日本超音波検査学会
  • 日本環境感染学会