コンテンツ

臨床工学室

当院の臨床工学室のご紹介です。

基本理念

  • チーム医療の一員として医療機器が安全・適切に使用できるように努め、治療のサポートを行います。

業務内容

医療機器管理

医療機器管理  人工呼吸器・輸液ポンプ・シリンジポンプ等の医療機器を安全に使用できるよう点検・メンテナンスを行っています。
 また医療機器を安全適正に使用できるように、看護師スタッフに研修会を開催しています。
 使用中のME機器の巡視、トラブル対応を行っており安全な医療の提供に貢献しています。


心臓カテーテル検査室

心臓カテーテル検査室  冠動脈造影(CAG)の介助やFFR(冠血流予備量比)の測定・アセチルコリン負荷試験時の一時ペーシング装置などの装置の操作を行っています。
 経皮的冠動脈インターベンション(PCI)には介助やIVUS(血管内超音波)・IABP(大動脈内バルーンパンピング)の操作を行っています。
 緊急カテーテル検査にも対応する体制になっており、上記装置以外に検査・治療中のポリグラフ操作記録も行っています。
 ペースメーカ植え込みなどの不整脈の分野にも業務拡大を行っている最中です。


血液浄化業務

血液浄化業務  入院治療中のAKI(急性腎障害)や敗血症性ショックに対して、HD(血液透析)・CHDF(持続的血液透析濾過)・PMX(エンドトキシン吸着)等が緊急時行える体制をとっています。
 そのほかにGCAP(顆粒球吸着除去)・CART(腹水濾過濃縮再静注)・その他疾患に合わせたアフェレーシスを行うことができます。


RFA(ラジオ波焼灼療法)

RFA  ラジオ波焼灼術は、肝臓がんを死滅させるために行なわれる治療です。
 当院では「コヴィディエン社製:Cool-Tip RFA system」を使用し、肝臓がんに対しての治療を行う際、医師の指示のもと本装置の準備・操作を行います。


人工呼吸器業務

メドトロニック社製 Puritan Bennett 840:5台
HAMILTON社製 HAMILTON-C1:1台
フィリップスレスピロニクス社製 BIPAP Vision・V60:3台
の配備を行っており、院内はもとより救急での人工呼吸管理サポートを行っています。
また昨年度より、「Fisher&Paykel社製 Airvo 2」の導入を行っており、より幅広い選択的な呼吸管理ができるようになりました。

RFA

教育方針・研修受け入れ状況

 鹿児島県臨床工学技士会・日本臨床工学技士会に所属しており学会や研修会など積極的に参加し、常に新しい知識・技術を身に着けるように努めています。

スタッフの紹介

臨床工学技士:2名

前田 利和- Toshikazu Maeda

(室長)

前田
専門・資格等
  • 透析技術療法認定士
  • 医療機器情報コミニュケーター(MDIC)
  • 第2種ME技術実力検定合格者
  • 3学会合同呼吸療法認定士

米満 樹哉- Tatsuya Yonemitsu

米満
専門・資格等
  • 第2種ME技術実力検定合格者

認定資格・所属学会

  • 透析技術療法認定士
  • 医療機器情報コミニュケーター(MDIC)
  • 第2種ME技術実力検定合格者