日本医療機能評価
3rdG:Ver.1.0 取得

つながりあって、支え合う、学童保育

 医療センター学童保育は、当病院で働かれる職員の方々が、仕事と子育てを両立することができるようにと平成27年5月11日より、通年保育として開設しました。
 現在、1年生〜6年生までの児童が利用し、生活しています。学童保育では、異年齢集団による遊びや活動を通して仲間意識を高め、自立心や思いやりの心を育んでいます。子どもたちは、保護者が働く職場の敷地内で、活動することができ、安心して生活しています。
 また、緑豊かな自然と心やさしい職員の方々に見守られ、院庭で遊ぶ子どもたちに声を掛けてくださったり、学童の様子を見に来てくださり、子どもたちも安心感の中でのびのびと活動をしています。
 子どもたちが、充実した生活を過ごせるために、学童保育の役割を大切にしながら、「働きながらの子育て」を支え合う仲間づくりの一助として、保護者との連携も密に取りあいながら保育を行っています。

『ただいま〜・おかえり〜』の学童の生活

 学校が終わると、「ただいま〜」と帰ってきます
学校の様子や「今日の宿題少し〜」などいろいろな思いを背負って帰ってきます。

 帰ってきたら、着替えを済ませ活動が始まります。
学童保育の生活は、おやつを食べたり、本を読んだり、宿題もします。
基礎学力がしっかり身につくよう、宿題は集中して取り組んでいます。

 一日保育の場合は、朝のうちにお勉強を済ませてから、その後、一斉活動または、自由遊びをします。基本的な生活習慣を取り入れながら、家庭的な雰囲気の中で生活してます。

土日・祝日及び長期休暇の流れ

  • 07:30 開所
          学習
  • 10:00 朝の会
  • 10:20 一斉活動 or 自由遊び
  • 12:00 昼食
  • 13:00 一斉活動 or 自由遊び
  • 15:00 おやつ
  • 15:30 自由遊び
  • 17:00 帰る準備
  • 19:00 閉所

平日の流れ

  • 14:00 帰所
          着替え・手洗い・うがい
  • 15:00 おやつ
  • 15:30 宿題
  • 16:00 自由遊び
  • 17:00 帰る準備
  • 19:00 閉所

アレルギーのある児童には、対処します。

施設内容について

 学童保育の施設は、子どもたちにとって毎日の生活の場となるよう、いつも明るく清潔に保っています。

室内には、大きな窓から日がさし、風通しもよいです。

主に、畳部屋とフローリング部屋で活動しています。

畳の部屋では、宿題やおやつをたべたりする他、机を片付けて広々とした空間でブロック遊びや工作などしてあそんでいます。

フローリング部屋では、本を読んだり、折り紙をするなど静かな遊びをしています。
台所は対面式なので、子どもたちの様子をみながら作業ができます。

学童の近くにグランドがあり、ドッヂボールやサッカーなどボールを使った遊びやバドミントンなどして楽しんでいます。
周囲は自然が豊かな環境なので、昆虫や四ッ葉のクローバーを探したり、散歩に行ったり・・・します。
子どもたちが、遊んでいるグランドには、ドクターヘリも着陸します。その際は、遊びなどの活動を止めて見学しています。

利用内容について

対象

・当院職員の小学校1年生〜6年生の児童

利用内容

・通常保育学校終了後から19:00まで。
または学校休業日全ての利用(自然災害等除く)
・長期休暇のみ春休み・夏休み・冬休みのみ利用
(始業式・終業式・出校日含む)
・一時保育土日・祝日のみ利用(一日研修等)
・短時間保育半日以外の短い時間の利用(病棟会議・職員研修等)

 

利用時間

・平日は、学校終了後から19:00まで
・一日保育は、7:30〜19:00

送迎について

・対象校区があります。
・専用車で下校時間に合わせて送迎を行います。

ご利用料金等詳細について

こちら(クリック)をご覧ください

学童クラブに関するお問い合わせは、総務課学童クラブ担当までお願いします。
TEL:0995-42-1171(代表)


このページのトップへ