コンテンツ

呼吸器外科

2018年7月より呼吸器外科が新設されました。

特徴1 - 肺がんに対する集学的治療の拠点を担います

 肺がんはがん死因の第一位ですが、肺は生命に欠かせない臓器でもあり、その診断と治療にはより専門性の高い技術と知識が求められます。当科では根治性(治せる可能性)、安全性、そして低侵襲性(胸腔鏡を用いた手術など)の順に、患者さん一人一人の生活や体力に応じた治療法を提案し提供いたします。

特徴2 - 姶良伊佐霧島2次医療圏での胸部疾患の中核病院を目指します

 多くの診療科とメディカルスタッフを有する当院では、さまざまな合併症への対応と難易度の高い手術が可能となります。3D-CT診断装置や呼吸器内視鏡、手術装置(内視鏡外科手術、ハイブリッド手術室)も加わり、より高度な医療が提供できるものと思います。また救急外来を有する当院では、気胸や胸部外傷、気道狭窄などの急を要する病気にも随時対応しています。
 当科では下記のように胸部全般を対象にしており,何よりも個々の患者さんにとって適正な診断治療を提供することを大切にしています。

  1. 主な疾患・治療
    • 肺がん、転移性肺腫瘍、肺良性腫瘍、縦隔腫瘍、胸壁・軟部腫瘍、気胸
      血胸、膿胸、胸部外傷、気道狭窄、呼吸困難

呼吸器外科医師の紹介(平成30年7月1日現在)

(呼吸器外科部長)

専門・資格等
  • 医学博士
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本胸部外科学会正会員
  • 日本呼吸器外科学会専門医・指導医
  • 日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定機構がん治療認定医
  • 肺がんCT検診認定医師