コンテンツ

内科・消化器内科

一般内科(総合内科)

内科救急疾患すべての初期対応(総合内科的医療)を行い、診断が確定されたらそれぞれの専門科(消化器・肝臓内科、循環器内科、脳外科(脳卒中)など)に委ねます。

特徴1 - 内科救急医療のプライマリーケアを行います

離島やへき地での医療を経験し、内科全科の一般疾患(common disease)に精通した医師を中心に、内科救急疾患の初期対応を行っています。

特徴2 - 内科全般にわたる横断的(総合的)医療も行っています

内科救急疾患以外に、肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患、糖尿病や膠原病、リウマチなどの内分泌・代謝性疾患、慢性腎障害や悪性腫瘍の終末期医療などの内科的治療の中心的役割も担っています。

一般内科(総合内科)医師の紹介(平成29年4月1日現在)

吉元 英之- Hideyuki Yoshimoto

(内科部長)

吉元
専門・資格等

児玉 和久- Kazuhisa Kodama

(非常勤)

児玉
専門・資格等
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本医師会認定産業医

山田 祐輔- Yusuke Yamada

(非常勤)

山田
専門・資格等
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本内科学会認定内科医

消化器内科

食道、胃十二指腸、大腸・直腸などの消化管と、肝臓、胆嚢・胆管、膵臓などの臓器の診療を行っています。  内視鏡専門医・指導医も含め6名の消化器内科常勤医の他、非常勤医、更に総合内科や肝臓内科の常勤医も加わり診療にあたっています。腹部超音波検査や胃・大腸透視検査に習熟した診療検査/放射線科技師6名も在籍し毎週、内視鏡検査や超音波の症例検討会、外科との合同検討会を開き、医療の質の向上に努めています。

特徴1 - 内科専門医研修病院、消化器内視鏡学会/消化器病学会/日本超音波学会の認定指導施設です

鹿児島大学をはじめとする鹿児島市内3病院の内科専門医研修プログラムの連携施設で、当院での検査・治療は内科専門医取得の際の実績となります。更に消化器病/消化器内視鏡/超音波それぞれの専門医を取得できる施設認定を受けており、若手医師の修練の場としてもふさわしい環境にあります。また患者様には専門性の高い高度な医療を安全に提供できるように日々研鑽しております。

特徴2 - 消化管及び肝胆膵疾患の内視鏡検査は姶良伊佐2次医療圏で有数の実績

カメラや大腸カメラ、内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)、小腸内視鏡などの内視鏡的検査を平成28年度は5862件、超音波内視鏡検査・治療(EUS、EUS-FNA、EUS下ドレナージ等)、膵胆管内超音波検査(IDUS)、カプセル内視鏡などの専門性の高い特殊な検査・治療も行っています

特徴3 - 消化管及び肝胆膵疾患の内視鏡的治療も姶良伊佐2次医療圏で有数の実績

ポリープや早期癌の内科的治療である内視鏡的粘膜切除(EMR)や内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は上部消化管(食道、胃、十二指腸)で約50例、下部消化管(大腸。直腸)で約300件、吻合部狭窄に対する内視鏡的拡張術、癌に対するステント留置などは35件、胆管結石や閉塞性黄疸に対するステント留置・ドレナージなどの内視鏡的治療は280件行っています。

特徴4 - 公的医療機関として24時間、緊急内視鏡に対応

消化管出血に対する内視鏡的止血術(クリップ、APCなど)や腸捻転解除、異物除去などの緊急内視鏡検査・治療も24時間対応しています(平成27年度は265件)。

消化器内科医師の紹介(平成28年4月1日現在)

重田 浩一朗- Kouichirou Shigeta

(副院長 / 消化器病センター長)

重田
専門・資格等
  • 医学博士
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 超音波学会認定医・指導医
  • ICD(インフェクション・コントロール・ドクター)
  • 自治医科大学非常勤講師
  • 検診マンモグラフィ読影認定医

三阪 高春- Takaharu Misaka

(診療統括部長 / 外来がん化学療法センター長)

三阪
専門・資格等
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定医

肱黒 薫- Kaoru Hijikuro

(消化器科部長)

肱黒
専門・資格等
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会認定医

徳留 健太郎- Kentaro Tokudome

(消化器科医長)

専門・資格等
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器官学会胃腸科認定医

水上 京子- Kyouko Mizukami

(内科医長)

水上
専門・資格等
  • 日本内科学会認定医

杉田 浩- Hiroshi Sugita

(内科医長)

杉田
専門・資格等
  • 日本プライマリ・ケア連合学会指導医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定医

川畑 拓也- Takuya Kawabata

(内科医師:非常勤)

川畑
専門・資格等
  • 日本消化器内視鏡学会専門医

消化器内科診療実績

内視鏡件数

平成27年度 平成28年度 平成29年度
上部消化管内視鏡検査 3628 3705 3784
下部消化管内視鏡検査 1765 1841 1709
ERCP 268 298 324
EUS 91 77 62
ESD 63 78 90
小腸内視鏡 20 8 8
カプセル内視鏡 4 10 1
緊急内視鏡 265 225 253
合計 5686 5862 5828

肝臓内科

主として慢性肝炎、肝硬変、肝癌の内科的診断・治療を専門的に行う科です。

特徴1 - 県内5つしかない肝臓学会認定施設です

当院は肝臓専門医常勤3名(内科2名、外科1名)と非常勤1名(内科)が在籍し、鹿児島県内でも数少ない日本肝臓学会が認定した肝臓の専門的医療を提供する施設の一つで、肝臓専門医を目指す人たちの修行/研鑽が積める病院です。患者様には高度の医療を安全に提供できるように日々努力しています。

特徴2 - 慢性ウィルス性肝炎にインターフェロンその他の薬物治療数も多数あります。

日本肝臓学会が示すB型/C型肝炎ウイルス治療ガイドラインに沿い、最新の治療を安全に提供しています。

特徴3 - 肝癌に対するTACE・RFA・手術のいずれにも対応できます。

肝癌診療ガイドラインに沿った標準的治療を提供しています。経皮経肝化学塞栓療法(TACE)、ラジオ波焼却療法(RFA)、外科的切除などの治療実績があります。

特徴4 - 門脈圧亢進症に対する治療も行っています。

消化器内科の協力のもとに食道静脈瘤に対する内視鏡的血管結紮術、難治性腹水に対する腹水・静脈シャント(Denver shunt)も行っています。

肝臓内科医師の紹介(平成29年4月1日現在)

長谷川 将- Susumu Hasegawa

(副院長)

長谷川
専門・資格等
  • 医学博士
  • 日本肝臓学会認定肝臓専門医・指導医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本消化器病学会九州支部例会評議員

橋口 正史- Masafumi Hashiguti

(肝臓内科医長)

橋口
専門・資格等
  • 日本肝臓学会認定肝臓専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医

藤ア 邦夫- Kunio Fujisaki

(非常勤)

藤崎
専門・資格等
  • 医学博士
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化器病学会指導医
  • 日本内科学会認定医
  • 九州C型肝炎研究会世話人

山ア 成博- Naruhiro Yamasaki

(非常勤)

山ア
専門・資格等
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医

肝臓内科診療実績

肝臓内科診療件数

各種項目 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
急性肝炎 14 24 11 13 13
慢性肝炎 85 80 81 72 45
肝硬変 19 16 20 21 24
肝細胞癌 25 33 30 25 28
その他 92 105 86 83 162
年度計 235 258 235 214 272
紹介 185 216 187 188 231
紹介率 78.7% 83.7% 79.6% 87.9% 84.9%