コンテンツ

糖尿病内科

当院の糖尿病内科のご案内です。

 日本において、現在、約2000万人が糖尿病およびその予備軍と推定され、今なお、進行した合併症を契機に治療が開始される方も多くいらっしゃいます。
 血糖値が高くなると、のどの渇き、頻尿、水分を多く取る、体重の減少などの症状が出現し、状態が悪化すると、意識障害や死に至ることまであります。
 糖尿病は、成人の失明原因の第2位、そして年間1万6千人以上の患者さんが糖尿病により透析導入となっています。同時に、心臓、脳、足などの動脈が狭くなり、心筋梗塞、脳梗塞、足壊疽(えそ)の原因となり、生命を脅かすこともあります。また、感染症にかかりやすかったり、傷が治りにくかったり、重症化する事もあります。
 糖尿病は、早い段階の治療開始により合併症を予防・阻止できることが知られています。日常の自己管理が重要であり、病気に対する十分な知識を持ち、その知識に基づき、自己管理(食事・運動・薬物療法)を行い、血糖コントロールを行う必要があります。
 また最近、新しい飲み薬、注射(週1回などが)が登場し、治療の選択肢が増えてきています。体質、生活などに合った薬を選べる時代になり、血糖値のコントロールもしやすくなってきました。また糖尿病の原因は運動、食事、睡眠やストレスなど、生活習慣の中にあることがほとんどです。改善のカギも日常生活のなかにあります。ですから、患者さんとコミュニケーションをとりながら、いっしょに改善のカギを見つけていきます。お薬を使わなくても「こころのコリ」がほぐれるだけで、よくなるケースもあります。
 年1回は、健康診断を受け、血糖値の上昇を指摘されたら、早めに病院を受診し、治療を開始されることをお勧めします。
 当科では、治療のご提案や、食事指導を含めた糖尿病に関する知識の提供、また当院や鹿児島大学病院と連携した教育入院も実施しております。ご相談ください。

外来日

水曜日・金曜日の午前中(完全予約制)

当科を受診される際には他の医療機関からの紹介状をご持参下さい。

糖尿病内科医師の紹介

菊池 晃- Kikuchi Akira

(糖尿病内科医師:非常勤)

菊池
専門・資格等
  • 日本糖尿病学会専門医
  • 日本内科学会認定医