コンテンツ

放射線室

当院の放射線室のご紹介です。

基本理念

  • プロフェッショナルになるための自己研鑽を積極的に行う
  • 個々の問題点に真摯に立ち向かう
  • 上記を通じて患者様の求めていることを考え、それを実践する

業務内容

CT

64列マルチスライスCTです。全身の断面を画像化する検査で、ワークステーションを用いて心臓や血管・大腸などの3D画像を作成し、診断治療に役立つ画像を提供します。
CT-1 CT-2 CT-3

術中ナビゲーションCT

主に脳神経外科・脊椎外科手術で、手術中にCT画像を撮影し、手術をナビゲートします。
CT-4 CT-5

MRI

3テスラのMRI装置です.急性期脳梗塞の早期発見はもちろん、消化器・整形・婦人科領域など全身の検査を行っています。
MRI-1 MRI-2 MRI-3

超音波検査

腹部や心臓のほか、甲状腺・乳腺などの体表、全身の血管など様々な領域の検査を行っています.また整形領域の検査も行っています。
US-1 US-2 US-2

マンモグラフィ

乳房専用のX線検査です.超音波検査とも併せて乳がんの早期発見に取り組んでいます。
MNM-1 MNM-2

心臓カテーテル検査

主に心臓の血管(冠動脈)を撮影する検査で、心筋梗塞や狭心症の診断治療を行います。急性心筋梗塞の診断治療には24時間体制で対応しています。
KATE-1 KATE-2

血管造影

全身の血管を撮影できる装置で、当院では主に頭部と腹部の検査・治療を行っています。頭部では脳動脈瘤や脳梗塞の診断治療を、腹部では肝臓がんの診断治療を主に行っています。
KATE-3 KATE-4

教育方針・研修受け入れ状況

鹿児島医療技術専門学校 診療放射線技術学科

  • 平成30年 9月1日〜30日年生臨床実習 4名
  • 平成30年10月1日〜30日年生臨床実習 2名
  • 当院は日本放射線技師会指定の臨床実習指定医療機関になっており、後進の指導のため学生の臨床実習を行っている。特に当院では超音波検査を診療放射線技師が業務の一環として行っているため、超音波技術についての実習も行えうことが可能である。また、他職種との交流を考え実習期間に医療技術部内での見学を実施している。最終日には恒例の実習生による発表会とそれが終わるとお疲れさん会を開き本音で学生さんと語り合い交流を深めています。

研修医への院内超音波講習会

  • 当院は協力型施設初期臨床研修医受け入れ医療機関になっており、当院に来られた研修医に超音波検査の良さを知っていただくために、研修期間に当院のスタッフが個別の実技指導を楽しく行っています。研修医の方たちには好評で、今後も内容のグレードアップを続けながら実施していきます。

29年度診療実績

稼働状況

件数 前年度比
一般撮影 22,439 1.04
乳房撮影 703 1.05
ポータブル 3,304 1.09
透視 1,122 1.16
血管撮影 612 0.98
CT 8,780 1.02
MRI 3,482 1.08
超音波 13,819 1.07
肝硬度測定 2,087 0.97

紹介件数

件数 前年度比
CT 736 0.98
MRI 427 1.26

トピックス

新マンモグラフィ装置 導入

平成31年3月に富士フィルムメディカル社製マンモグラフィ装置 AMULET Innovalityが導入されました。従来使用していたマンモグラフィ装置と比較し、低線量、高画質、短時間での撮影が可能になり、また圧迫板には患者様への痛みの軽減が期待されます。この新装置と共に今後より一層、患者様へ痛みの少ない検査を提供出来るよう努めていきます。

スタッフの紹介

診療放射線技師:11名

認定資格・所属学会

  • 日本診療放射線技師会
     放射線管理士 1名
     放射線機器管理士 1名
  • 日本超音波医学会
  • 日本超音波検査学会
     超音波検査士 4名
  • 日本消化器がん検診学会
     胃がん検診専門技師 1名
  • 日本乳がん検診学会
     検診マンモグラフィー撮影診療放射線技師 1名